成長痛の症状・ひざやかかとの痛み オスグット病

成長痛(オスグット・シュラッテル病)とは

成長痛(別名オスグット・シュラッテル病)とは、2歳児〜5歳児くらいまでの子どもや幼児に比較的良く見られる症状で、主に夜に足のひざや太もも、ふくらはぎ、股関節や胸などを非常に痛がります。場合によっては、成長痛の症状で痛む場所が毎回異なる場合もあります。成長期の子供や幼児に多いことから成長痛と呼ばれていますが、骨の成長とは関係ないといわれています。

成長痛の詳しい症状をみてみましょう。成長痛は、膝のあたりが最も多く、太股、ふくらはぎ、足首、股関節などを痛がります。また、どこが痛いのかはっきり特定できないこともあります。成長痛の痛みの特徴は、夜、特に就寝前頃に痛みを訴えて、翌朝になるとケロッとして、昼間は元気に遊び回ることです。また、成長痛は関節、骨、筋肉には異常が見られません。

成長痛については諸説があり原因がはっっきりませんが、子供や幼児および母親の性格や情緒の面に原因があると考えられています。1.甘えん坊な性格、2.母親の子供に対する過干渉、3.下に弟や妹が生まれた、などがよくみられる誘因です。このような原因により単なる疲労が増幅されて、成長痛という痛みの症状が現れるものと考えられます。

成長痛の特別な治療法は無く、サポーターなどにより痛みは軽減することができますが、成長痛は自然に治る症状であり、日中の活発な活動による疲労を精神的に親に訴えているのである、ということを親がよく理解することです。しかし、もし、成長痛の長い間痛みが続くようであれば、必要に応じて詳しい検査を行わなければなりませんので、成長痛を診てもらえる小児科あるいは整形外科を受診しましょう。

成長通の症状の特徴は膝と太ももの痛み

成長痛とは、3〜6歳くらいの子供が夜間になると膝やかかと、股関節、胸などの痛みを訴えますが、病院で検査をしても原因が見つからず、このような場合に成長痛と診断されます。成長痛という名前から誤解されやすいのですが、成長するときに痛みはありえず、子どもの骨の成長と成長痛は無関係といわれます。

成長痛の症状の特徴をみてみると、成長痛は膝の周囲、太もも、足の部分の痛みがほとんどであり、ある調査によれば、膝関節から足首までの痛みが全体の8割を占める結果となっています。成長痛で痛むのは、主に夕方から夜にかけてが多く、大声で泣き叫んでも次の朝にはケロッとしているのが成長痛の特徴です。成長痛で痛む箇所が変わることもよくあります。

成長痛の原因の一つとして、骨の成長に対して筋肉の成長が追いつかないことによる牽引ストレスが考えられています。骨は比較的早く成長しますが、筋肉は骨に比べて成長がゆるやかなため、筋肉はいつも引っ張られている状態になります。このため骨と筋肉に負担がかかり、牽引ストレスによる炎症が起きることがあります。

成長痛の治療は、子供の成長とともに治るので、基本的には治療は必要ありませんが、成長痛は昼間の遊び疲れのほかに、親や周囲の人にかまってもらいたい気持ちの表れとも言われていますので、家庭環境の変化(弟ができた、母親が仕事に出るようになった)があるような時などは特に子供の訴えを無視しないで、積極的にスキンシップをとることも大切です。湿布やマッサージや成長痛用のサポーターなどでケアをしてあげてもよいでしょう。

成長痛の原因は疲労説、心理説があげられる

成長痛は、3歳から5歳くらいの子どもや幼児がよく訴える膝や足、かかと、股関節、胸の痛みです。夜になると足の痛みを訴えることが多く、10才を過ぎると痛みを訴えることは少なくなるといわれます。成長痛という名前は、子どもの成長期の痛み、ということからつけられたもので、先にも書いたように骨の成長とは直接は関係ありません。

成長痛の具体的な症状をみると、成長痛の特徴は、夜間に足が突然痛んで泣き出しますが、その割にすぐに眠ったり、次の日の朝は全然痛みがないことです。成長痛は、痛がるところは、太もも、膝、ふくらはぎ、足首、股関節、胸などです。成長痛は痛がっても、腫れや関節の異常はありません。レントゲン検査をしても、何の異常も見られないことも成長痛の特徴です。

成長痛の原因は解明されてはいません。疲労説、心理説などが挙げられていますが、これらの説もすべての場合には当てはまらないようです。育ち盛りの子どもは骨や関節、筋肉が未発達で柔軟にできていますが、活発に動きます。このため、動きが激しい場合は、疲れがたまり成長痛の原因となると考えられます。成長痛は、心理的な原因から、甘えのひとつの現れであることも指摘されています。

成長痛の治療としては、痛むところを湿布やサポーターをしたり、暖めたり、あるいは、お風呂でマッサージをすることもよいといわれています。あまり子供や幼児が痛がるときには、鎮痛剤を使うこともありますが、病院の医師の指示に従いましょう。入浴はしてもかまいません。運動については、制限する必要はありませんが、激しい運動は避けてください。

成長痛の治療法はマッサージや温湿布が効果

成長痛というのは、3歳から小学校低学年の子どもに多く見られます。夜間だけ膝の下やふくらはぎなどの足に痛みがあるのが特徴で、昼間に痛みを訴えることはほとんどありません。成長痛は、子どもの成長過程で起こる場合が多く、足の骨などの成長が運動量に追いつかないのが原因と考えられて、この名前がつけられましたが、現在では成長痛(オスグット・シュラッテル病)は、子供の骨の成長とは関係ないとされています。

成長痛の症状としては、日中はどこも痛みがなく、元気に走り回っている子どもや幼児が、夜になると急に膝や踵のあたりの痛みを訴えますが、成長痛の特徴は、翌朝になるとケロッとして、元気に走り回っていることです。成長痛では関節には異常はありません。成長痛で痛むところは、最も多いのが膝の周辺で、次にふくらはぎや足首、太もも、足の付け根などとなっています。

成長痛の原因については、はっきりしたことはまだわかっていませんが、神経質な子どもの場合に特に、単なる疲労が精神的に増大され、成長痛として訴えると考えられます。成長痛の一つの原因として、母親の性格が関係されていると言われ、親の過干渉により神経質になった子どもに多いといわれています。さらに、弟ができたなどの家庭環境が変化することで起こる事もあります。

成長痛には、特に治療法はありませんが、痛いところをマッサージしたり、温湿布などで温めたりすると痛みが楽になることもあります。ただし、痛みが長期間続いたり、痛みがかなり強い場合は、鎮痛剤を使うこともあります。成長痛以外の病気の場合もありますので、まずは小児科や整形外科に診てもらいましょう。